【注意】ハイドロキノンは陰部の黒ずみに効果ありだけどリスクあり!

陰部,黒ずみ,ハイドロキノン

 

陰部の黒ずみを消したい場合、美白クリームで治そうと考えている方もいると思います。美白成分の一つにハイドロキノン入りのものがありますが、実際のところハイドロキノンで陰部の黒ずみは消えるのでしょうか?このページではハイドロキノンで陰部の黒ずみを消したい場合どうすればいいのかについてや、リスクや注意点について解説しています。よかったら参考にしてみて下さいね。

 

ハイドロキノンで陰部の黒ずみは消せるのか

陰部,黒ずみ,ハイドロキノン

 

ハイドロキノンはお肌の漂白剤とも言われている美白成分で、非常に美白効果が高いのが特徴。ビタミンC誘導体やプラセンタの約100倍もの強い美白効果を持っているうえ、即効性が高いのでハイドロキノンを陰部に塗れば確実に黒ずみを消すことができますよ。特に、なかなか対処しにくいデリケートゾーンの黒ずみを消したり予防するためにはハイドロキノンを使うのは有効な手段といえるでしょう。

 

ハイドロキノンには

 

  • 黒ずみの原因物質メラニンの生成を抑えてくれる働き
  • メラニンの数を減らしてくれる働き

 

があります。つまり

 

  • 黒ずみを作らせない予防効果
  • すでにできてしまった黒ずみを薄くする効果

 

の両方の働きを持っているんです。だからこそ美白化粧品などにもハイドロキノン配合のものが多いんですね。陰部に使う場合はハイドロキノン入りの美白クリームを使うことになると思いますが、それが一体どのようなものなのかについて詳しく解説していきたいと思います。

ハイドロキノン入りクリームは主に2種類

陰部,黒ずみ,ハイドロキノン

 

美白効果が絶大なハイドロキノン入りのクリームには大きく分けて市販薬と処方薬の2種類に分けられます。

 

市販薬の特徴

 

濃度の濃さが決められている

市販薬の場合は1~4%の濃度のものしか認められていません。濃度が濃すぎると副作用の危険性があるので上限が決まっているんですね。

 

皮膚科よりも安く買える場合が多い

市販のものなので病院で処方してもらうよりは安価な値段で手に入ります。せいぜい高くても5,000円くらいでしょうか。

 

美白効果が弱め

ハイドロキノンは肌に入りにくい成分なので、処方薬の場合は浸透性を高めるためにトレチノインという成分を併用することが多いです。ですが、市販のものの場合はちゃんと肌に浸透しやすいように加工されている場合が多いです。その分、美白効果が弱まってしまうというデメリットもありますがこれは安全のためにも仕方のないことですね。

 

自分に合う濃度のものを探す必要がある

陰部の黒ずみ度合いは人それぞれなので、市販の商品を探す場合は自分の黒ずみの濃さに合わせた濃度のものを選ぶためにも、ある程度の知識が必要になります。どんな商品が自分にあうのかをしっかりと見極めてから購入しないと副作用が出てしまうケースもあるので注意しなければいけません。

 

処方薬の特徴

 

濃度の濃いものを処方してもらえる

病院やエステや美容クリニックでは濃度の高いハイドロキノンを含んでいるものでも処方してもらえます。ただ、5%以上だと発がん性リスクが高まるのでデリケートな部分には使用しないケースがほとんど。たいていは2~4%くらいの処方薬が多いです。

 

自分用にカスタマイズした濃度のものを処方してもらえる

濃度が高すぎると危険な成分なので、自分の黒ずみに合わせた濃度のものをプロの判断で処方してもらえます。なので自己流の判断で勝手に使うよりも安全な場合が多いです。

 

トレチノインと併用する必要がある

ハイドロキノンは浸透力が弱いという特性を持っているので、浸透力の高いトレチノインという美白成分と併用して使うように指示されます。これがちょっと面倒くさいという人も結構多いみたいです。

 

保険適用外なので費用が高め

ハイドロキノン入りの黒ずみケアクリームを処方できるのは美容皮膚科や美容クリニックなので、保険適用外になってしまいどうしても市販のものよりは高額になってしまいます。まぁ安全性をとるか安さをとるかって感じですね。

 

ハイドロキノンは確かに美白効果が高いので黒ずみを薄くするという目的で使うのなら効果は絶大です。しかし、実は効果が強い分お肌への刺激もかなり強いんですね。そのため、万人に向いている成分だとはいえません。まして、陰部周辺は非常にデリケートな部分なので普段は肌が強い人でも何かしらのトラブルが起こってしまう可能性大です。続いて、ハイドロキノンの副作用について説明していきますね。

 


ハイドロキノンにはリスクがあるので使う場合は要注意

陰部,黒ずみ,ハイドロキノン

 

ハイドロキノンの副作用

 

白い斑点ができることがある

濃度の濃いハイドロキノンを使った場合、皮膚が白くまだらになる白斑症状という副作用が起こる可能性があります。陰部に塗った場合は、塗った部分だけが白い斑点のようになってしまうことも。

 

炎症後色素沈着になる可能性

陰部は敏感な部分で皮膚が薄いため、トレチノイン、ハイドロキノンの吸収率が他の部位と比べても高いです。そのため、反応が強すぎて肌に炎症が起きてしまい、逆に黒ずみがひどくなってしまうことがあります。このような症状が起きたらすぐにハイドロキノンやトレチノインの使用を中止しましょう。

 

肌トラブルのリスクがある

敏感肌の人や肌が弱めの人は、ハイドロキノンを使うと肌がかゆくなったりめくれあがったりといったアレルギー反応が出てしまうケースがあります。肌荒れがひどくなって陰部周辺がガサガサになってしあうこともあるので注意してください。

 

紫外線を浴びると黒ずみが濃くなってしまう

ハイドロキノンを塗った後の肌は紫外線に弱い状態になっています。そのため、塗った部分に紫外線を浴びると黒ずみが逆に濃くなってしまうという副作用が起こることも。外出前にはかならず日焼け止めを塗ってしっかりとガードしないと大変なことになってしまいます。

 

ハイドロキノンはこうしてみてみると扱いが非常に難しく、使う人を選ぶ成分であるということがわかりますね。自己流の判断で勝手な使い方をしてしまうと、肌を痛めたり黒ずみが濃くななるといったとんでもない副作用に見舞われてしまいかねません。

 

陰部,黒ずみ,ハイドロキノン

 

後で泣きを見ないためにも、自分の肌の状態や強さをしっかりと見極めたうえで医師の判断の元で使う必要がありますよ。

 

ハイドロキノンのもつリスクや扱いの面倒くささを考えると、素人が手軽に手を出せる感じじゃないですよね。同じ美白成分でももっと簡単かつ安全にケア出来るものはないの?と思ってしまいます。

 


ハイドロキノンよりもトラネキサム酸配合の美白クリームがおすすめ

陰部,黒ずみ,ハイドロキノン

 

これまでハイドロキノンについて色々と解説してきましたが、

 

敏感肌だから自分が使うのはちょっと厳しいかも・・・
肌は強いけどデリケートゾーンに塗るとなると躊躇してしまう・・・
万が一副作用の心配があったらと思うと不安・・

 

そんな風に考えてしまった方も多いのではないでしょうか。

 

でも安心してください!ハイドロキノンじゃなくても陰部を美白できるクリームがあるって知ってましたか?それがトラネキサム酸配合の美白クリーム。美白成分にはアルブチンやプラセンタ、ビタミンC誘導体といったものがありますが、トラネキサム酸は厚生労働省の薬事法で効果・効能を認定されている有効成分なので安全性が非常に高いことでも知られています。

 


 

トラネキサム酸の特徴
  • アミノ酸の一種で黒ずみの原因メラニンの生成を抑える効果がある
  • じんましんなどの炎症を抑える作用がある
  • 肌荒れやシミ、そばかすを改善し予防してくれる
  • 資生堂のHAKUという高級美白化粧品にも使われている

 

やはり陰部に使うのなら、なるべくリスクの少ない成分で美白ケアしたいですよね。トラネキサム酸配合の陰部専用美白クリームはいくつか出ていますが、その中でも特におすすめなのがイビサクリームという美白クリーム。イビサクリームはブラジリアンワックス脱毛のサロン開発が開発した商品で、日本で一番売れているデリケートゾーン専用の美白クリームなんですよ。

 

イビサクリームの特徴
  • 安全性の高い美白成分配合だから副作用の心配なし
  • 無添加処方だから敏感肌でも使える
  • 厚生労働省から許可を得ている医薬部外品
  • 保湿成分配合で肌の乾燥を抑えてくれる
  • 黒ずみを作らせない&目立たなくさせるW効果

 

イビサクリームなら黒ずみの予防だけではなく、すでにできてしまった黒ずみを薄くすることも可能です。市販の美白クリームよりも確実な効果が実感できる医薬部外品なので、自宅で行うセルフケアにはぴったりのアイテムといえるでしょう。ハイドロキノンのように白斑や肌荒れ、アレルギーといった心配もないので、肌が弱い人でも安心して陰部に使える点も嬉しいですよね。

 


 

もし気になるという方は一度試してみるといいかもしれません。私がイビサクリームを実際に使ってみた感想やリアルな口コミも紹介しているので、購入を考えている方はそちらの記事も参考にしてみて下さいね。

 

イビサクリーム口コミ体験談を読む

 

 

関連ページ

トレチノイン
陰部の黒ずみを消すトレチノインという成分について詳しく解説しています。