【ぶっちゃけどうよ?】陰部の黒ずみにピーリングはどの程度効くの?

陰部黒ずみ,ピーリング

 

ピーリングで陰部の黒ずみが消せるのかどうか気になっている人も多いと思います。このページではピーリングすることで陰部の黒ずみに効果があるのかどうかやピーリングの種類ややり方、おすすめのアイテムなどについて詳しく解説しています。よかったら参考にしてみて下さいね。

 

ピーリングは陰部の黒ずみケアに効果はあるの?

陰部黒ずみ,ピーリング

 

気になる陰部の黒ずみを薄くするためにピーリングという方法をチョイスする人は多いですよね。でも、実際にピーリングで陰部の黒ずみを消すのは可能なんでしょうか?これはズバリ結論を先に言うと・・・ピーリングで黒ずみを消すことはできません!ですが、ピーリングには肌のターンオーバーを整えて黒ずみを定着しにくくしてくれる作用があるので黒ずみ予防としてのケアには役立つ、と言えますね。

 

ピーリングの効果
  • 肌を柔らかくして古い角質を取り除く
  • 肌のターンオーバーの促進を促す

 

黒ずみの原因であるメラニン色素は、通常はお肌のターンオーバーとともに徐々に体外に排出されていきます。しかし、ターンオーバーが乱れることでメラニンがそのまま皮膚表面に残ってしまいそれがやがて黒ずみとして定着してしまうんですね。お肌をピーリングすることで肌のターンオーバーを促進することができるので、黒ずみが定着しにくい肌作りをサポートできます。

 

肌は通常28日周期で生まれ変わり、この周期のことをターンオーバーといいます。ストレスや食生活、生活習慣などが原因で肌の新陳代謝のサイクルが遅れがちになると、お肌に古い角質がどんどん溜まっていってしまうので、陰部の色素沈着を作らせないためにもターンオーバーを整えることが大切なんです。

 


ピーリングの種類とやり方について

陰部黒ずみ,ピーリング

 

肌のターンオーバーを促してくれるピーリングは黒ずみ予防のためのケアとしては有効です。ピーリングには専門のクリニック等でプロに頼んでやってもらうケミカルピーリングと市販品や手作りパックを利用して行う自宅でのセルフケアの2種類があります。これらについて詳しく解説していきますね。

 

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは酸性の薬剤を使って古くなった角質や毛穴に詰まった老廃物などを溶かして除去し、肌のターンオーバーを促進させる方法です。基本的には専門のクリニックや皮膚科などでしか受けられないので、自宅で行うことは不可能です。

 

ケミカルピーリングの特徴
  • 美容皮膚科で受けられる
  • 薬剤はフルーツ酸(AHA)を使うことが多い
  • 比較的肌に優しいピーリングなので肌を痛めることが少ない
  • たんぱく質酵素を用いた前処置を行ってピーリング剤の浸透を高める方法もある
  • 大陰唇やお尻、VIO周りにおすすめ
  • 1回につき2~4万円かかる
  • 頻度は2~3週間1度くらい
  • 最低5~10回は通う必要あり
  • ピーリング剤の濃度については専門医の先生とよく相談する必要あり

 

自宅でのセルフケア

市販のボディスクラブやピーリングジェルといったアイテムを使ってお風呂でケアする方法です。手軽に出来ますが、ケミカルピーリングほどの効果は見込めないことがほとんどです。

 

ボディスクラブ
  • ざらざらした粒子の粗いスクラブを肌に塗ってこすることで古い角質や老廃物を落とせる
  • 粒子でこするのでケミカルピーリングと比べると肌への刺激が強め
  • 皮膚の薄い陰部周辺に使用する場合は注意が必要
  • 2000円~4000円ほど

 

ピーリングジェル
  • AHAというフルーツに多く含まれている成分が配合されている
  • 古い角質を除去して肌をつるつるにしてくれる
  • 1000円くらいから購入できる

 

自分で作れるピーリング剤
  • 重曹をボディソープに混ぜたものを塗ってこすり洗いをする
  • ヨーグルトをコットンに含ませて黒ずみに貼って洗い流す
  • クエン酸と精製水を混ぜたものを黒ずみに馴染ませて洗い流す

 

ピーリングジェルの注意点

顔にピーリングジェルをつけてなじませていると白い消しゴムかすのようなものが出てきますよね。このカスが古い角質なのだと勘違いしてしまいがちですが、実はこれは市販のピーリングジェルにはよく配合されているカルボマーと呼ばれるゲル化剤なんです。つまり、市販のピーリングジェルを使っても角質除去が出来るわけではないんですね。

 

ではなぜ使い終わった後に肌がツルツルになるのかというと、ジェルに保湿成分が含まれているから。セルフケアとして行うピーリングはあくまで気休め程度の効果しかないので決して黒ずみに有効というわけではないんですね。

 

まとめ

 

ケミカルピーリング

  • 黒ずみ解消効果はあるものの何度も通院する必要あり
  • 費用が高額なので手が出しづらい

 

セルフケア

  • 一度色素沈着して黒ずんでしまった皮膚を美白する効果は期待できない
  • こすりすぎると肌を痛めるリスクがある
  • あくまで黒ずみを防ぐための気休め程度のケアにしかならない

 

ピーリングは自宅でのセルフケアの場合、黒ずみの根本的解決にはならなさそうですね。かといって美容皮膚科に通ってケミカルピーリングしてもらうのもお財布的にちょっと厳しそう・・・。もっと手軽にできて費用もそこまで高くないセルフケア方法を知りたいですよね。

 


ピーリングよりも陰部専用の美白クリームを使うのがおすすめ

陰部黒ずみ,ピーリング

 

ここまでピーリングについて色々と説明してきましたが、ピーリングだけで陰部の黒ずみを美白するのはちょっと難しいのが正直なところです。特に、市販のピーリング剤は黒ずみの原因であるメラニン色素に対して直接働きかけるような美白成分を配合していないので、すでにできてしまった黒ずみを綺麗にすることはできないんですね。

 

陰部の黒ずみを本気でどうにかしたいのなら、自宅で出来るセルフケアの一環としてデリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームを取り入れてみることをおすすめします。

 

陰部専用の美白クリームがおすすめの理由5つ
  • 陰部用なので無添加で肌に優しく敏感肌でも使える
  • 刺激の少ない安全性の高い美白成分が配合されている
  • 医薬部外品なので確実な効果を期待できる
  • 保湿成分も同時に配合しているので乾燥を防げる
  • クリームタイプだから塗りやすい

 

陰部専用の美白クリームを使えばわざわざエステや美容クリニックに通うことなく、お手軽かつお安い値段で自宅でのセルフケアが可能です。隙間時間にちょちょっと塗るだけなので手間も時間もかからず、誰にも知られずにこっそりとケア出来るので1本持っておくと非常に便利だと思いますよ。

 

最近では美意識の高い女性も増えてきたので、デリケートゾーンの美白も当たり前になってきました。それに合わせて陰部専用の美白クリームも、エステサロンが開発したものや美白効果の高い成分が配合されたものなど優秀な商品が沢山出てきています。たいていのデリケートゾーン専用の美白クリームには

 

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • グリチルリチン酸2K
  • 水溶性プラセンタエキス

 

といった黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を抑制する効果がある美白成分を配合しているので、塗るだけで簡単に美白ケアが出来ちゃうんです。

 

市販のピーリング剤を使って肌を痛めたり効果を実感できなくてお金をドブに捨てるくらいなら、陰部専用の黒ずみケアクリームでケアする方が安全性も高く確実な美白効果を実感することができますよ。どれも1本5,000円以下で手に入るものがほとんどなので価格もリーズナブル。もし気になる方は一度試してみるといいと思います♪

 


 

最近は色々なデリケートゾーン用の美白クリームが出ているので、どれを選べばいいのか分からない!という方は陰部専用の美白クリームランキングの記事も読んでみて下さいね。私が実際に使ってよかった陰部専用の美白クリームをランキング形式で紹介しているので参考にしていただけたら嬉しいです。

 

陰部専用美白クリームランキング

関連ページ

美白化粧水
陰部の黒ずみに美白化粧水や美白クリームは役に立つのかについて解説しています。
ニベア
陰部の黒ずみにニベアが効くのかどうかについて解説しています。
重曹
陰部の黒ずみに重曹は効果があるのかについて解説しています。
薬局市販品
陰部の黒ずみに薬局の市販品は効果があるのかについて解説しています。
ケシミン
陰部の黒ずみにケシミンは効くのかについて解説しています。
オロナイン
陰部の黒ずみにオロナインは効くのかについて解説しています。
プラセンタ
陰部の黒ずみにプラセンタは効くのかについて解説しています。
ルミキシル
陰部の黒ずみにルミキシルは効くのかについて解説しています。
馬油
陰部の黒ずみに馬油は効くのかについて解説しています。
ヨーグルト
陰部の黒ずみにヨーグルトは効くのかについて解説しています。